Category: Uncategorized

体表の斑点が重大な病気に 0

体表の斑点が重大な病気に

じんましんやアトピーなど、体の表面にぶつぶつのようなものが浮かび上がってくる病気はさまざまあります。 生まれつき体が弱かったり遺伝的な要素で発症したりと、原因はいろいろですが、内科的アプローチによって対処不可能ではありません。 たいていは塗り薬が処方される場合がほとんどだと思いますが、場合によっては飲むタイプの薬で治していくケースもあるようです。 こういった一般的な病気とは違い、いわゆる難病と言われる病気も存在しています。 体表面にぶつぶつが浮き上がってくる点では同じものの、色が紫である場合、特に慎重な内科的措置が行われる場合が多いようです。 実際に40代後半の男性は、体の全体特に関節に痛みを感じ、熱が出ている状態で、紫の斑点が腕や脚に出ていたとのこと。 担当した内科の先生の話では、検査の結果から消化器に負担をかけないような治療がベターとの考えのもと、薬を厳選して処方したそうです。 筋肉の反応が表立っていたため、その方面での検査を進めていたところ、思うような結果が出ずに結局は見当違いの検査になってしまったのが、今後の改善点とのことです。 このケースではおなかの病態が悪化したことから、筋肉へのアプローチは中途で終われたのですが、そのまま続けていたら時間ばかりが浪費されていたかもしれません。 ひとつの病気でも複数の症状が出ている場合、何が原因なのかを特定するのに時間がかかることが多いです。 無駄なプロセスはなるべく省き、最短で処置を進めていくことが患者さんの助けにもなりますし、内科の先生としても優先すべき事項になると言っても良いでしょう。 難病に限らず、皮膚に異常が見られた場合は内科クリニックの受診が先決です。

物が重なって見える病気 0

物が重なって見える病気

私たちが普段見ている世界は、同じものは一つにしか見えませんよね。 ところが何らかの理由で2つに重なって見えるような場合があるのです。 目の病気とされることが多いですが、内科的にみたときに脳の病気が関わっていることも少なくありません。 もし脳の病気となると検査が必要になってくるわけですが、頭の中は見えませんし、なかなか自分から健診を受けようとは思いませんよね。 自覚できる症状が出た頃には激しい吐き気や、頭が急激に痛くなるなど、命に関わるような危険な状態になっていることも多いです。 実際に上のような症状で内科に運ばれた60代の女性は、ご飯もまともに食べられないほどの状態になっていたそうです。 物が正常に見えないだけでも大変なのに、吐き気や頭の痛さに悩まされる苦しみは計り知れないと言っても過言ではありません。 また内科的検査も一回目は異常がなかったものの、二回目には反応が出て、病気が判明することもあるそうです。 この女性のケースでも、一回目では見つけられなかったサインが、検査を繰り返すうちに浮かび上がり、効果的な治療に繋がったとのこと。 脳の病気と一口に言っても原因はさまざまであることから、検査も丹念に行うことが重要と言えるでしょう。 視覚に異常がある場合は目の病気を疑うのが普通ですが、今回のように脳に障害がある場合も珍しくありません。 表面的な症状からは実態がつかめない場合が多く、見逃しがちになってしまう面が大きいと言えます。 もしも目に関して異常があり、眼科でも特に病気が認められないときは、内科クリニックで検査を受けてみてください。 通常では分からないような思わぬ障害が発見され、早期に治せるかもしれません。

咳が出る 1

咳が出る

咳が長引くとき、風邪が治っていないと自己判断しがちですが、咳は、異物から、肺や気管、気管支を守るための防御反応であり、何か他の原因をうたがってみる必要があります。 3週間以上、咳が続いているとき、咳喘息を発症している可能性があります。 咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支の病気で、花粉やハウスダスト、たばこの煙や風邪などの感染症などからダメージを受け、その度に修復を繰り返すことで、気道上皮がもろくなり慢性的に咳が出る状態のことをさします。進行すると、気道の炎症が続く喘息になることもあります。 アトピー咳暇は、乾いた咳がいつまでも続きます。アトピーの素因があれば可能性があります。喉にかゆみがあり、多くは夜から早朝にかけて咳が出ます。咳喘息と症状が似ていますが、咳喘息は気管の病気で、こちらは気管支の病気です。薬の効果を見て診断されます。抗ヒスタミン薬が有効です。 慢性的に鼻炎があり、起床時に痰の混じった咳が多い場合は、後鼻漏の可能性があります。後鼻漏とは、鼻水が喉に流れる症状で、寝ている間に喉に流れた鼻水を外に吐き出すために咳が出ることがあるのです。 また、3週間以上、痰を伴う咳が続き、さらに長期間にわたり喫煙している場合には、慢性 前段で説明した、胃食道逆流症でも喉に違和感が生じ、咳が出ることがあります。胸焼けやげっぷなどの症状が伴っていないかが診断の分かれ目です。 特有のけいれん性の咳発作を特徴とする百日咳も、最初は、風邪に似た症状がみられますが、2週間を経過したころから、連続的な短い咳と息を吸うときにヒューと音のする発作が起こります。顔などに浮腫や内出血が出ることもあり、呼吸停止に至る可能性もあります。また、肺炎や脳症を併発することもあるので注意が必要です。