腸の機能を高める

便通が悪くなる「便秘」。大腸の活動が不完全で、水分が吸収されないまま排便されてしまう「下痢」。どちらもおもな原因は、大腸の働きが弱っていること。なるべく薬の力に頼らず、ツボ押しやリンパマッサージを取り入れて腸機能を高めていきましょう。大腸のトラブルには、大巨を押すのが効果的、腸の働きを活性化していきます。おなかには、たくさんのリンパが集まる。ツボ押しと同時に「おなかのリンパマッサージ」をすると、効果が高まります。特に慢性の便秘には、就寝前がおすすめです。睡眠中に腸の機能が高まり、翌朝のすっきりとしたお通じが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です