咳が出る

咳が長引くとき、風邪が治っていないと自己判断しがちですが、咳は、異物から、肺や気管、気管支を守るための防御反応であり、何か他の原因をうたがってみる必要があります。

3週間以上、咳が続いているとき、咳喘息を発症している可能性があります。

咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支の病気で、花粉やハウスダスト、たばこの煙や風邪などの感染症などからダメージを受け、その度に修復を繰り返すことで、気道上皮がもろくなり慢性的に咳が出る状態のことをさします。進行すると、気道の炎症が続く喘息になることもあります。

アトピー咳暇は、乾いた咳がいつまでも続きます。アトピーの素因があれば可能性があります。喉にかゆみがあり、多くは夜から早朝にかけて咳が出ます。咳喘息と症状が似ていますが、咳喘息は気管の病気で、こちらは気管支の病気です。薬の効果を見て診断されます。抗ヒスタミン薬が有効です。

慢性的に鼻炎があり、起床時に痰の混じった咳が多い場合は、後鼻漏の可能性があります。後鼻漏とは、鼻水が喉に流れる症状で、寝ている間に喉に流れた鼻水を外に吐き出すために咳が出ることがあるのです。

また、3週間以上、痰を伴う咳が続き、さらに長期間にわたり喫煙している場合には、慢性

前段で説明した、胃食道逆流症でも喉に違和感が生じ、咳が出ることがあります。胸焼けやげっぷなどの症状が伴っていないかが診断の分かれ目です。

特有のけいれん性の咳発作を特徴とする百日咳も、最初は、風邪に似た症状がみられますが、2週間を経過したころから、連続的な短い咳と息を吸うときにヒューと音のする発作が起こります。顔などに浮腫や内出血が出ることもあり、呼吸停止に至る可能性もあります。また、肺炎や脳症を併発することもあるので注意が必要です。

1 Response

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *