虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、心臓の筋肉に血液を送りこんでいる心臓のまわりの冠動脈という血管が、狭くなったり、閉塞するなどして、血液がいきわたらなくなる(心筋虚血)により起こる疾患です。

狭心症は、動脈硬化を起こし血管が狭くなり、階段の上り下りなど心臓に負担がかかった時、締めつけられるような痛みがあり、発作を起こします。

動脈硬化がさらに進むと、冠動脈の血管内に血栓ができ、血液が詰まります。血流が止まってしまうのです。これが、心筋梗塞です。急に胸に激痛が起こり、その痛みは30分くらい継続することがあります。10分程度で血流が改善すればいいのですが、それ以上になると、心筋に血液が届かず、その部分が壊死し、壊死の部分が大きくなると、心臓の収縮や拡張ができなくなり、死に至る可能性もあります。

心筋虚血で心筋の収縮力が弱まると、虚血性心不全となり、また、心室細動など命に関わる不整脈を引き起こすこともあります。

これらを診断するためには、症状、そして心筋虚血の有無、最後に動脈硬化による病変があるかを確かめていくことになります。心電図検査や超音波エコーなどの画像診断、血液検査、冠動脈検査などが行われます。

狭心症の場合、発作時に使うニトログリセリンや、ニトロールが処方されます。症状が出た際に口に含むと、口内の粘膜から吸収され、胸痛が緩和されます。ただし、これを繰り返しても消えないケースもあり、その際は重症発作で心筋梗塞の可能性もあるので、直ちに病院での処置が必要です。

虚血性心疾患を起こす冠動脈硬化は、高血圧や、高脂血症、喫煙、ストレス、肥満、糖尿病、高尿酸血症、などの要因があげられます。日頃より、血圧をコントロールすることが予防につながります。