喉が痛い

通常の内科外来では、のどの痛みを訴えるケースのほとんどは、緊急性がない良性疾患がほとんどですが、中には、重篤な疾患が潜んでいることもあります。

喉の粘膜が腫れる咽頭炎は、鼻や口を通して直接外と接する咽頭は感染を起こしやすく、細菌やウィルスが感染すると、のどが赤く腫れます。

扁桃腺が腫れる扁桃炎は、喉の奥の左右両側にある扁桃が、細菌などの感染により炎症を起こしており、喉に強い痛みがおこります。つばを飲み込むときにも強い痛みがあり、高熱を出すこともあります。進行すると、扁桃のまわりに膿が溜まり、扁桃周囲膿瘍にいたります。扁桃腺の周囲にまで炎症が進んでおり、ひどくなると窒息や縦隔炎を発症し命に関わることもあります。痛みが強くて食事が食べられない、口が開きにくい、耳が痛い、といった症状がみられることもあります。

喉の奥の喉頭が腫れる喉頭炎は、声が嗄れます。ウイルスや細菌、アレルギー、喫煙などの原因により喉頭に炎症が起きている状態のことをさします。咳や痛み、発熱を伴うこともあります。喉頭の腫れが強くなると呼吸が苦しくなることもあるので注意が必要です。

喉頭の入口にある喉頭蓋が腫れる急性喉頭蓋炎は、気管の蓋が炎症を起こすので窒息の危険があり、呼吸困難になることもあります。痛みが非常に強いわりに、のどにあまり赤みが出ないのが特徴です。

他にも、咽頭に痛みが出ている際に、咽頭以外に原因のある重篤な疾患として、大動脈解離、狭心症、くも膜下出血があげられますが、他の症状が強く出ていることが多く、緊急を要することがあるため、のどを意識することはないと思います。ただ、軽微な症状では、のどに不調が出ることもあり、最初は内科外来で相談することがあるかもしれません。